今回は歯を抜く判断についてご説明させて頂きます。

どなたもできるだけ歯を残したいですよね。

患者様は自分の歯を残すために治療を初期の段階で受け、期日通りに定期検診を受けられます。

一方で歯科医院側は出来るだけ患者様の歯を残すために治療技術、指導技術を磨き、より良い医療を提供できるように努力しています。

しかし、ここで注意して頂きたいのは状態の悪い歯を残すことによって他のリスクが発生する場合もあるということです。

 

今回は2つ例を挙げます。

 

①状態の悪いの歯を残すリスク

上の写真はむし歯が進行して根っこだけの状態になっているレントゲンです。

このような状態でも何も痛くない場合もあるため、治療ができない歯であっても患者様は残して欲しいと希望される場合があります。

根っこの上の部分の黒く写っている部分は上顎洞という頬の裏の空洞となりますが、根っこが炎症を起こして膿がたまると上の空洞に流れて感染を起こし上顎洞炎という重篤な症状を起こす場合があります。

そのリスクを背負った上で歯を残さないといけません。

 

②状態の悪いの歯を残すリスク

下のレントゲンには割れている歯が写っています。

 

上の図のように根が割れると細菌が侵入し、膿が溜まって黒い像が映ります。

また下の歯のさらに下には太い神経(下歯槽神経)が走っている場合があります。

炎症が大きくなると場合によっては神経がダメージを受け、麻痺が残る場合もあります。

状態の悪い歯なので治療は難しいですが、患者様はできるだけ歯を残して欲しいと希望されます。

 

以上の2ケースですが、どちらも治療はできない歯である場合に歯科医師は歯を残すかどうかの判断を迫られます。

 

優しい?歯医者さんは痛みがなければ患者様の意見を尊重して残します。

しかし、残すのであれば少なくともリスクを説明した上で残す必要があります

また時には患者様の将来のリスクを踏まえてあえて患者様の希望と逆の立場をとる必要があります

 

本当の優しい歯医者は患者様の将来を踏まえて正しい意見をお伝えし、たとえ意見が食い違う場合であってもきちんと説明は行なってから患者様と一緒に判断を下す歯医者だと考えております

 

歯の状態は様々ですが、歯科医師の治療の技術差が出るのは中等度の問題の時だけであり、本当に治療できない重度の歯はどの歯医者でも治療できないです。

そういった重度の問題を抱える歯は残すならリスク背負わないといけないですし、場合によっては痛みがなくても積極的に抜歯することも考えないといけないです。

当院は抜歯の判断基準を明確にしておりますので、時には辛い説明をしなければいけない場面もあります。

しかし、それは目の前の問題だけではなく将来的なリスクマネージメントも含めた最善の選択ですので納得していただければ幸いです。

セカンドオピニオンも受け付けておりますのでよろしければご相談ください。

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック

https://yuuki-dent.com

堺市堺区・堺市北区・堺市南区・堺市西区・百舌鳥・上野芝・三国ヶ丘・堺市・浅香山・中百舌鳥・堺東・なかもず・田出井町・百舌鳥八幡・浅香・金岡・北花田の歯医者さん