今回は少し歯の話題から逸れますが面白い本がありましたので少し紹介させて頂きます。

 

こちらの「学力の経済学」という本です。

 

診療でお子様と触れ合う機会が多く、またそのご両親にもお会いすることができるのでお子様の様子とご両親の子供との接し方や叱り方、褒め方など両方を日々拝見しております。

そもそも歯科医院にきちんと定期検診や矯正治療で来られる方はおそらくその他の教育もきちんとされているので良い側面ばかりを見ているのかもしれないですが、今回読んだ本と照らし合わせるとやはり共通項が多いと感じました。

 

私も2人の子供がいるため教育について考える機会が多いです。

教育はきちんとしてあげたいですが、家庭を良い方向に進めるためには仕事も全力でこなさないといけないですし、家事、自分の成長への投資など教育以外の事も当然考えないといけないのでそれぞれの両親の「時間」と「お金」には限りがあります。

 

教育の大事なポイントが経済学に基づいてわかりやすく記載されていたので少しご紹介させて頂きます。

 

①「テストの点数」を褒めるのではなく「本を読んだこと」を褒める

ご褒美についてですが、まずご褒美は確実に効果があるとのことです。

しかし、子供の努力を促すためにはまず具体的な方法を提案してあげる必要があります。

テストの難易度にもよりますが、テストの点数を上げるために何をしていいのかわからなければ努力はしません。つまり「勉強の仕方」をまず学ぶ必要があります。

 

②「頭がいいね」と褒めるのではなく「よく頑張ったね」と褒める

才能を褒められても努力には結びつかないです。

それよりも努力した内容を褒めるとお子様はさらに努力します。

 

③「勉強しなさい」は意味がない

ついつい言ってしまうワードですが意味はないです。

勉強をさせるポイントは「勉強を見てあげる」ことと「勉強する時間を決めて守らせる」ことです。

しかし、親の時間を大量に費やすわけにはいかないですね。

著者の見解(データはない)ではそこのところは家庭教師や塾にある程度お任せする事も悪くはないと考えるとのことです。

 

④周りの子供が優秀だから自分の子供も優秀になるわけではない

もちろんそういった効果はありますが、あくまで元から優秀な子に限るとのことです。

すごく厳しい見解ですが、やみくもに超有名塾や学校に入れることがいいとは言えないです。

また、違うデータでは同じような学力(習熟度)のグループを集合させると刺激し合って学力は上がるとのことですですので、きちんとお子様の学力やモチベーションを吟味した上でレベルにあった環境を提供してあげることが一番の近道ですね。

 

⑤一番投資すべき時期は小学校に入るまで(就学前)

これは「人的資本の収益率」というお金の観点からですが、一番ご両親がエネルギーを注ぐべきタイミングは就学前です。

なぜなら人生の初めの段階で受ける教育は今後のすべての教育に通づるからです。

つまり、微分積分もりんごの数を数えることができるようになってからということです。

 

⑥幼児教育のポイントは「非認知能力

先ほどは学力という観点で幼児教育の重要性を述べました。もちろん学力も大切ですが、それと同じくらい「非認知能力」が重要です。

「非認知能力」とは「忍耐力」や「社交性」、「意欲」などといった点数をつけることが難しい人間の生きる力のような能力のことを指します。

その中でも「自制心」と「やり抜く力」と「」が重要です。

それぞれを伸ばすポイントとしては「自制心」はまず「筋肉」のように継続と反復によって鍛えられるとのことなので「約束事や計画を細分化」して約束を守りやすくし、きちんと守らせることが重要です。

やり抜く力」に関しては先ほどの褒め方が関係します。能力を褒めずに努力を褒めることで「能力は自分の力で向上させることができる!」という考えが身につくことで養われます。

」に関してはポイントの記載はありませんが、様々な教育本に書かれている通り「行為を叱っても人格は否定しない」ことだと思います。

またこういった「非認知能力」を鍛えることこを課外活動部活動が重要になります。

そこを踏まえて習い事や進路選択を行うことがお子様の将来的な収入に繋がります。

 

⑦ひとまず大学に行かせる方法(おまけ)

労働政策研究・研修機構のデータによりますと

高卒の生涯年収と大卒の生涯年収の差は1億円」とのことです。

高校までくると親の教育でコントロール不可なので「なんで大学なんか行かなあかんの?」と言われた時にもっともらしい答えが見つからない場合は1つの情報だけ与えておきましょう(笑)

 

以上です。詳しくは実際の本をご覧ください。

それぞれ子育ての悩みはあるかと思いますがまた参考になる情報がありましたらご紹介させて頂きます 🙂 

 

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック

https://yuuki-dent.com

堺市堺区・堺市北区・堺市南区・堺市西区・百舌鳥・上野芝・三国ヶ丘・堺市・浅香山・中百舌鳥・なかもず・田出井町・百舌鳥八幡・浅香・金岡・北花田の歯医者さん