今回は口臭の原因について再度ご説明させて頂きます。

以前こんな記事がありました。

日本の社会人の大半は自分の口臭を気にしている

口臭の悩みを抱えて来院される方は結構いらっしゃいます。

奥様から指摘された事がある方やご自身でなんとなく気になり心配で来院される方などが多いです。

2016年の厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、15歳以上の方で普段口臭が気になる割合は約10パーセントとのことです。10人に1人は口臭の悩みを抱えているみたいですね。

口臭はあまり他人に指摘されないものですが、自分が不快な臭いを放っているかもしれないと一度思ってしまうとすごく気になってくるものなので意外に厄介な問題です。

以前も少しご説明しましたが今回は口臭が出る原因をいくつかご紹介させて頂きます。

 

①口の中が汚れている

もちろん原因の大部分(約80%)がこれです。

主な原因物質は揮発性硫黄化合物と呼ばれるメチルメルカプタン(CH3SH)、硫化水素(H2S)、ジメチルサルファイド[(CH3)2S]です。

こういった揮発性硫黄化合物は、口の内に生息している菌が唾液・血液・剥離上皮細胞・食物残渣中の含硫アミノ酸を分解・腐敗することで産生されます。

その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%占めます。

また、歯周病が進行している方にはこのような物質が多くお口の中に存在しています。

よってまず歯周病治療を行うこと、さらにベロのお掃除を毎日することが治療法になります。

 

②全身疾患による口臭

全身疾患による口臭は糖尿病・尿毒症・肝硬変・肝癌・トリメチルアミン尿症などが原因となります。

ただし、口臭が出ない場合の方が多いのであくまでも可能性の1つとして捉える必要があります。頻度は少ないです。

 

③生理的口臭

ニンニク臭・ネギ臭・飲酒後のアルコール臭などの呼気臭のことを指します。これはもちろん自覚があります。

大まかには3つですが、ある大学病院の病院統計によると、口臭検査・診断・治療を求めて来院された患者さん(約1,000名)の約1/3が口腔内の清掃状態不良に伴う口臭(生理的口臭)、1/3が口腔内の病気(歯周病)に由来する口臭、1%強が代謝性疾患・耳鼻咽喉系疾患・呼吸器系疾患など呼気由来の口臭であり、一方1/3が治療の必要な口臭は認められなかったと報告されました。

このデータからあえて4つめを挙げるとすると口臭に過敏になりすぎている方も少なからずいらっしゃるということになります。

今後も口臭を心配される方は増えると考えております。今後はご自宅で口臭測定できるような機器も販売されるかと思いますのでまた新しい情報が出ましたらお伝えさせて頂きます 🙂 

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック

https://yuuki-dent.com

堺市堺区・堺市北区・堺市南区・堺市西区・百舌鳥・上野芝・三国ヶ丘・堺市・浅香山・中百舌鳥・堺東・なかもず・田出井町・百舌鳥八幡・浅香・金岡・北花田の歯医者さん