こんにちは 🙂 

今回はインプラント治療をしている、もしくはインプラント治療を検討されている方におさえておいてもらいたいポイントを説明します。

当院は開院して半年になりますが、インプラント治療を希望して来院されている方が少なからずいらっしゃいます。

インプラント治療には様々なイメージをお持ちだと思いますが、色々な情報を1つ1つ拾い上げるのは時間が足りないかと思います。

おさえておきたいポイントを3つだけご紹介します。

 

①インプラントにはメーカーがたくさんある

 

インプラントは医院によって価格が違いますね。なぜでしょうか?

それは使用するインプラントの種類、滅菌設備、保証、治療システムなどに違いがあるからです。

 

ここで言うインプラント(正確にはインプラント体)とは顎の骨に植える根っこの部分を指します。

 

まずインプラントの種類ですが世界には100を超えるインプラントメーカーが存在し、価格もバラバラです。

何が違うのかというとメーカー各社はインプラントの表面と骨が如何に早く結合し、結合が取れにくいかを競っています。

安いインプラントメーカーもありますが、不安が残ります。

 

次に滅菌設備ですが、インプラントの感染は致命傷です。

滅菌器具の選定やオペ室の設備、清潔と不潔の区域管理などきちんと行うためにはかなりの知識と金銭的コストが必要です。

 

保証に関しては後ほどご説明します。

治療システムに関しても後ほどご説明します。この2点もインプラント治療の価格に大きく影響します。

 

ここから言えるのはインプラント治療にはどうしてもコストがかかるということです。

当然今後も保険診療の対象とはならないでしょう。

1本35万円より安いインプラント治療はどこかでコストカットを行なっている可能性が高いのでオススメはしないです。

 

②インプラントは安全な治療になりました

 

「なりました」が重要です。

 

インプラント治療を行う上でよく患者様から「安全ですか?怖いんですが。」と言われます。

 

安全になりました。理由があります。

 

以前のインプラント治療はCTを撮影することがなかったです。

CTとは3次元的なレントゲンのことですが、近年のインプラント治療は3次元レントゲンでインプラントの入れる方向、深さなどを正確に診断することができます

ですので安全なのです。

 

さらに。

 

技工技術が発達し、サージカルガイドというマウスピースを作成し、それをお口の中につけてインプラントを入れることでオペ中の処置のずれがなくなり、予定通りの方向と深さに必ずインプラント治療を入れることができるようになりました

この治療システムをガイドシステムと言います(①の治療システムの内容です)。

ですので安全なのです。

 

20年前のインプラント治療とは全然方法が違ってきています。

ただし、全ての歯科医院がこのシステムを導入しているわけではないです。なぜならコストがかかるからです。

インプラント治療の選び方として少なくともCTがある、さらにはオペにおいてガイドシステムを導入しているかどうかがポイントになります。

 

③インプラントは入れたら終わりではない

以前のブログにも書きましたが、インプラントは永久に持つものでは必ずしもないです。

それはインプラントは歯周病になるからです(むし歯にはなりませんが)。

歯周病とは周りの骨が溶ける病気です。

インプラントを入れたところも骨が溶ける可能性があります。

骨が溶ける原因は簡単に言うと磨き残しが残っているからですが、

インプラントを入れた場所はご自身で磨ききることができない場合が多いです。

ですのでインプラントを入れた場所は専門的なクリーニングがどうしても必要になります。

 

ここで大事なのはインプラント治療を行う場所です。

 

インプラント治療を行なったドクターがいないところでメインテナンスを受けることはあまりオススメしないです。

患者様の中にたまにいらっしゃるのですが、インプラント治療だけ知り合いの歯医者さんに入れてもらってそのあとの定期検診は近くの歯医者さんで行なっている方がいらっしゃいます。

またホームページなどでインプラントをアピールしている歯医者さんにインプラント治療だけをお願いしてそのあとは通院していないなど。

引越しや体調の変化などでどうしても通院しにくくなって歯医者を変えざるを得ない場合は話は別ですが、インプラント治療を行なった医院とインプラントのメインテナンスを行なっている医院が別の場合はトラブルが起きた場合のフォローが難しいことが多いです。

またどちらがトラブルの保証をするのか判断が難しくなります

なぜなら前述したようにインプラントメーカーがバラバラだからです。

当院ではインプラント治療後は定期的に通院できることが必須と考えていますので、定期的に通院できることが前提で保証制度を設けております。

ですのでインプラントをしてもらう歯医者さんは今後も利用しやすい歯医者さんがいいです。

 

以上がインプラント治療を行う上でおさえておきたいポイントでした。

 

このように歯科治療は日々進歩しています。また変化のスピードがかなり早い業界です。

そのスピードに自ら付いていくのは手間や時間がかかりすぎるので、かかりつけの歯医者さんを見つけてお口の管理をお願いしておきましょう 🙂 

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック

https://yuuki-dent.com

堺市堺区・堺市北区・堺市南区・堺市西区・百舌鳥・上野芝・三国ヶ丘・堺市・浅香山・中百舌鳥・なかもず・百舌鳥八幡・浅香・金岡・北花田の歯医者さん