こんにちは!!

今回は詰め物で起こる金属アレルギーについてご説明致します。

金属アレルギーと聞いて一般的にイメージされるのはネックレスなどの金属が肌に触れることで、 皮膚に湿疹やかぶれのなどの症状を引き起こすものだと思います。

金属アレルギーは個人差があり、何も症状が出ない場合方もいらっしゃいますが、皮膚に発疹ができたり手や足の皮がむける、などの症状が出る方もおられます。

歯科治療においても金属アレルギーが出る場合が多数報告されています。

歯の治療では、金属の詰め物をしてすぐには起こらず何年も経ってから発症するケースもありますので、口の中の金属が原因だとは気づかない方もおられます

x1.0 , Dental3

歯の治療で使用する詰め物に使う金属には、水銀パラジウムなどアレルギーを起こしやすい金属が使われています。

この金属が唾液で溶け出して金属イオンとなり、体内でタンパク質と結合し、新しいタンパク質を作ります。これば異物とみなされると、免疫が過剰反応し、アレルギーを引き起こします。

 

金属アレルギーの対策としてはます、かかりつけの皮膚科で正確な診断が必要になります。

アレルギー以外の原因で症状が起きている可能性もありますので、まずは皮膚科の先生とご相談下さい。

歯科用金属がアレルギーの原因である場合は、金属を使用しないメタルフリー治療というものがございます。

保険適応の部位もございますので一度お悩みの方はご相談下さい。

 

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック