こんにちは!

今回は普段気にすることのない唾液のすごい効果についてご説明いたします。

みなさま、唾液の役割とはなんでしょうか? もちろん食べたものを喉に流し込む潤滑剤の役割を持っています。

しかし、他にもたくさんの役割があります!!

唾液の役割として

細菌有害物質を抑える

②おいしさを感じさせる

③食べ物の消化を助ける

虫歯歯周病を防ぐ

⑤皮膚や粘膜を活性化させる

などがあります。

1日に出る唾液の量は500~1500mlといわれ、噛めば噛むほど、また食べ物の水分が少ないほど唾液はたくさん出ます。

唾液は口の中にある3つの唾液腺と頬っぺたの内側ある小さな唾液腺から分泌されます。

 

 

唾液腺の種類によってサラサラした唾液(消化吸収を助け口の中をきれいにする)がたくさん出る場所やネバネバ 唾液(細菌をブロックし体を守る)など唾液の性質が違ってきます。

 

しかし、現代人は食生活の変化によってかむ回数と食事の時間が極端に減り、唾液の量も少なくなっています。。

結果的にむし歯や病気、食中毒になりやすかったり消化吸収に悪影響が出ています。

唾液の効果を高める一番簡単な方法はかむ回数を増やすことです。

かみごたえのあるものでも1口30回を目安にぜひ実践してください。

 

また唾液が出にくいかたにおすすめしているものとして唾液腺マッサージがあります。 唾液腺のある部分を集中的にマッサージする方法があります。

 

 

唾液腺を刺激することで唾液がすごく出る方もいらっしゃいます。 詳しい方法についてはスタッフにお尋ねください!

 

それではよろしくお願いします!

 

590−0026 大阪府堺市堺区向陵西町1丁4-3

072−222−4618(シロイハ)

歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

けやき通りの歯科医院 ゆうき歯科クリニック